FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

責任。

こんばんは。



いよいよ今年もあと僅か



皆さん如何お過ごしでしょうか?



年の瀬という事で少しだけTAVOLAを振り返ってみようかと思います。






以前のブログにも書いた事ですが



まずお店をつくる時、始めに考えた事は



『自分が使いたい店をつくる』



という事がスタートになりました。



【自分が使いたいお店】

・仲間と酒を飲みながら熱く語れる店
 (店に活気がありエネルギッシュな空気が流れている)

・大切な人を食事に誘い喜んでもらえる店
 (細かい気づかいをしてくれ想像を超えるサービスをしてくれる)

・一人で行っても楽しい店
 (話して楽しい店員がいて時には一人の時間も楽しめる)

・何気なくのせているメニューが実は拘っている店
 (出しゃばらず『これ美味しいね』と聞くと『実は・・・』と返ってくる)

・居心地のいい店
 (気が付くとこんなに時間がたっていると思うくらい時間を忘れる)



こういう店があったら、自分はまず常連になる。



というよりその店を上手く使えたら自分のプラスになる。



そんなお店をつくりたいとTAVOLAをつくりました。






店名をTAVOLA(イタリア語でテーブル)と名付けたのは



それぞれ違う人生の色んなシーンの中で



いつもある『テーブル』でありたい、という思いからです。






飲食店というのは、他の企業に比べると



実際の利益は少ない方の部類だと思っています。



しかし飲食店をやりたい、と思う人は数多くいます。



その結果、色んなお店が出来て



そして無くなってまた出来るという様になってしまいます。



これはとても悲しい事です。






先日呼んだ本で著者が言っていた事に



共感を得たのですが、その本には



『飲食店は無くなってはいけない』



そう書いてありました。



飲食店というモノは



色んな出会いであったり、想い出があります。



TAVOLAでもこの少ない年月で



ありがたい事に、沢山のお客様に来て頂いています。



ウェディングやパティーも数多くやって頂きました。



そんな思い出の場所が何年後かに無くなっていたら・・・



想像するだけでお客様達の顔が浮かび申し訳無くなります。






会社としてお店をやっている以上



色んな大変な事が起きる可能性があります。



時には辛い決断をしなければいけない事もあるかもしれません。



しかし、『飲食店は無くなってはいけない』と思う事はとても大切で



それだけではなく『お客さんがどうすれば喜んでくれるか』



という事を常に真剣に考える事が



飲食店をやるという事の責任 と感じています。











Cafe Tavola(カフェ ターボラ)ホームページ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TAVOLA

Author:TAVOLA
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。